水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりの修理にかかる時間について

軽度であればすぐに解消される


業者に依頼しなければならないほどトイレのつまりがひどくなった時、どれくらい修理に時間がかかるのか気になるものです。
トイレは日常生活に欠かせない設備であるため、使用できないと不便です。
また、出かける用事があるときは早く対処してもらいたいでしょう。
つまりの修理を業者に依頼したときにかかる時間について知っておくと、予定も立てやすいです。
最も早く直る原因であった場合は、15分ほどで解決することも少なくありません。
水に溶けるペーパー類や大便などは、素人でも使うことがあるスッポンやローポンプを使います。
薬剤を使うときは放置しなければならないため30分、確認作業を含めて45分ほどで完了するケースが多いです。
できるだけ軽度のうちに依頼すると早く解決するため、下手に自分で解決しようとせずに来てもらうことが大切です。

ひどくなると大変

水に溶けない固形物が原因だったり、手が届かないほど奥へ流れてしまっていたりなど状況が悪化している場合は、1時間30分から2時間ほどかかる場合があります。
排水管の奥へ進んでいたり、便器の着脱をして高圧洗浄をする際もそれくらいかかるでしょう。
さらに、下水から汚水が逆流して便器から溢れてきていると桝を確認したりしなければならないため、3時間以上かかる可能性もあります。
そこまで重症化すると、すぐ直らないだけでなく費用も高くなってしまうため、要注意です。
少し流れが悪くなってきた、便器の水位が上がったままで一向に下がっていかないなど普段とは違う症状があったら、まだ大丈夫だと見過ごしてはいけません。
気が付いたときは汚水が溢れてきて、大掛かりな修理が必要になります。
また、下手に直そうとするのも危険です。
原因がわからず闇雲に作業をすると悪化することがあるため、何も触らずにプロに水道工事をお願いすることをお勧めします。
最悪の場合、トイレそのものを交換しなければならなくなり、数万円で済む問題ではなくなってきます。
無駄なお金をかけずに、すぐに直してもらうためにもつまりは早いうちに対処してもらうことが大切です。

0120-441-599
0120-441-599