水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレつまりでの業者トラブルの実例とは

問題が発生することがある


トイレのつまりは業者に依頼すれば安心できるイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
専門知識があり、経験豊富な水道工事会社であれば安心して任せられますが、中には悪質なサービスを提供したり、詐欺やぼったくりといった違法行為をする人たちもいるのです。
トイレつまりが起きると生活に影響が出てくるため、できるだけ早く解決したいものですが、違法な業者に依頼したことでトラブルを招く可能性があります。
トラブルの実例を知り、安心して任せられる会社を選ぶようにしましょう。
一つは、作業に見合わない高額料金を請求されたという実例です。
よくポストにマグネットタイプのチラシが入っていますが、そこに「見積もり無料」や「値引き」などと書かれていると、安く済むならと何も考えずに依頼してしまう人も少なくありません。
しかし、明確な金額を提示することなく、いきなり修理を始めて作業後に高額請求してくることがあります。
優良なところであれば症状を調査してから、修理内容と料金を教えてくれるものです。
このような悪質業者は、高すぎる指摘すると口調が荒くなり、高圧的な態度を取ってくることがあるため、必ず具体的に説明をしてくれるところを選んでください。

見極めよう

トイレつまりの症状が比較的軽度であれば便器の着脱や交換は不要です。
しかし、交換をしなければ直らないと虚偽の説明をする悪質業者もいます。
便器が割れた、排水管の奥まで異物が進んでしまい逆流してきたとなれば、大掛かりな作業が必要になりますが、水に溶けるペーパー類や排泄物が原因であれば、簡単に直せます。
しかし、無駄に解体したり、薬剤を使ったりして、高額請求してくる人たちがいるのです。
他にも悪質な実例がたくさんありますが、多くは金銭トラブルです。
無駄な修理費を支払わないためにも、違法な会社にお願いしないように注意してください。
事前に明確な金額提示がない、曖昧で事実と異なる説明をする、態度が悪いといった共通点があるため、見積もり時にしっかり見極めることが大切です。
少しでも納得ができない点があれば、作業が始まる前に断わるようにしましょう。

0120-441-599
0120-441-599