水回りの総合メンテナンス・水回りのトラブルなら、アクア救急センターにおまかせ♪ 24時間365日体制で受け付けております。

トイレがつまった時に業者に依頼するタイミングとは

いつ連絡すべき?


トイレのつまりは、自分で直せる場合もあれば業者を呼ばなければ解消されないことがあります。
どのタイミングで呼ぶべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。
判断基準は原因です。
何がつまりを引き起こしているのかによって対処法が異なります。
便器の水位が下がっていかない、普段よりも流れが悪いときは慌てずに原因を探りましょう。
下手に手を出すと症状が悪化し、大規模な修理が必要になる可能性があるため、まずは3時間ほど放置してみてください。
3時間後、問題なく流れていくようであれば水に溶けるトイレットペーパーやお掃除シート、排泄物が原因の可能性があります。
逆に、いくら放置しても状況が変わらないのであれば、水に溶けない異物が引っかかっているかもしれません。
溶けないものは取り除かなければいつまで経っても解消されないため、すぐに業者を呼ぶ必要があります。
まだ大丈夫だと放っておくと、状況は酷くなって便器から汚水が溢れ出てくる恐れも考えられます。
自分で直せないと判断したらできるだけ早いタイミングで水道工事を依頼することが大切です。

無理してはいけない

すでに原因がわかっている場合は、自分で直せるものかどうかすぐに判断ができるでしょう。
大量に溶けるペーパー類を流してしまった、排泄物の量に対して水が少なかったなど様々ですが、3時間ほど放置しても変わらなければ、すっぽんや薬剤を使ってみてください。
どの家庭にもあるキッチン用のラップを使った方法も効果的です。
様々な方法を何回かチャレンジしてみたけど解決しない場合は、重症化している可能性が高いので、水道工事を依頼しなければならないかもしれません。
修理費はかけたくないものですが、それ以上被害が拡大しないようにプロに頼ることも大切です。
子どものおもちゃやスマホ、ボールペンなど異物をトイレに落としてしまい、自分の手では届かないほど奥へ進んでしまった時は、迷わずに業者に連絡をしてください。
つまりなどのトラブルは少しタイミングを間違うだけで、取り返しのつかないほど悪化する危険性があります。
しっかり見極めて適切な対処をしましょう。

0120-441-599
0120-441-599